「日本に行けば大金稼げる」風俗業者に女性あっせん、人身売買の疑いも 韓国のブローカーら逮捕

「日本に行けば大金稼げる」風俗業者に女性あっせん、人身売買の疑いも 韓国のブローカーら逮捕
[リンク]

韓国南部、釜山の警察は21日、日本の風俗業者に女性をあっせんしたり、日本で売春していた韓国人女性を人身売買したりした容疑で韓国のブローカーら男女5人を逮捕したと発表した。また、日本や米国、オーストラリアなどで売春した韓国人女性47人を書類送検した。

警察によると、ブローカーらは「日本に行けば大金を稼げる」と女性らに言い、日本の風俗業者に1人当たり100万~150万ウォン(約8万7千~13万円)であっせん。女性らが就労査証を取得できるように申請書類を偽造するなどした疑い。また、高利で貸した借金を返済できなかった女性を、日本国内で別の性風俗店に売り渡した疑いも持たれている。

あっせんされた女性は主に韓国の風俗店従業員だったが、元芸能人やレースクイーン、スポーツ選手なども含まれていたという。

売春婦の国外輸出は韓国の一大産業であるという話はよく聞きますが、また一つ裏づけがされたか、といった感じです。
一般人の女性を無理やりに、という形ではなく、元々そういった職に就いていた女性に、海外での働き口を紹介といった業務が中心なのでしょうか。
韓国国内よりも大きく稼げるということなのかもしれませんが、どうなのでしょう。
風俗店側の「仕入れ値」は8万7千~13万円とのことですが、この相場はどうなのでしょうか。
求人媒体等に広告を出したりすることに較べると、確実性からいって、十分元が取れる値段なのかもしれません。
しかし、女性たちの語学力はどの程度のものなのでしょうか。
十分なコミュニケーションがとれなかったら、店舗にとっても客にとっても従業員女性にとっても困ったことになると思うのですが。

秋田の風俗店経営者殺害

嘱託殺人に切り替え起訴 秋田の風俗店経営者殺害

[リンク]

 秋田市川尻御休町、派遣型風俗店経営、吉田達夫さん(32)が自宅アパートで絞殺された事件で、秋田地検は7日、殺人容疑で逮捕、勾留されていた同市川尻大川町、別の派遣型風俗店の元従業員、柳田葵容疑者(29)を嘱託殺人罪に切り替えて起訴した。

起訴状によると、柳田被告は9月3日午前6時ごろ、吉田さんから依頼されてドライヤーのコードで首を絞めて殺したとされる。依頼の内容や証拠について、秋田地検の森正史次席検事は「現段階では明らかにできない」としている。

被害者・容疑者共に派遣型風俗店関係者ということは、要するにデリヘル店舗の経営者と従業員だったということのようです。

容疑者は被害者に頼まれて首を絞めたということは、自殺の手助けをしたということなのでしょうか。

嘱託殺人罪で起訴したということは、地検もそう見ているということなのでしょうが。

まだ、良く分からない事件ですね。

禁止地域で性的サービス マッサージ店店長ら逮捕

禁止地域で性的サービス マッサージ店店長ら逮捕

東京・神田の個室マッサージ店で違法なサービスを行ったとして、店長らが逮捕されました。

個室マッサージ店「愛嬌」の店長・桜井里江容疑者(22)ら3人は先月から今月8日にかけ、風俗営業の禁止地域で、男性客に対して性的なマッサージを行った疑いが持たれています。警視庁によりますと、この1年半で約5000万円を売り上げていたとみられ、「儲かると思った」と供述しています。

詳細がわかりませんが、風俗営業の禁止地域で、風俗営業の許可なしに営業していたということでしょうか。
普通のエステの店舗等は、営業許可をとることなしに営業できるそうなので、表向きは風俗を謳っていなかったのかもしれません。

1年半で5000万円の売り上げとの事ですが、経費等を引くと、わざわざリスクをおかして得る価値があるとは思えません。

法にのっとって営業している風俗店も含めて、なかなかウマい話というものはないものです。